楽天モバイルについてどこよりも詳しく説明します!

今、話題となっている格安スマホ楽天モバイル。有名人を起用しての宣伝もますます多くの人を惹きつけていることでしょう。そんな楽天モバイルについてどこよりも詳しく説明していきましょう。

楽天モバイルとは?

格安SIMを考えるときに欠かせない楽天モバイルですが、一体どんな格安スマホなのでしょうか?まずは、楽天モバイルという会社の説明から。楽天モバイルは楽天グループになるフュージョン・コミュニケーションズというところが運営しているMVNO格安SIMになります。

そして、楽天モバイルはドコモのLTE回線を借りている格安SIMとなっています。つまりは、ドコモのLTEエリアと同じように利用できることになります。通信速度についても格安SIMの中ではしっかり出ているため、なかなかつながらないというストレスもなく使用することができると言われています。LTE高速通信を快適に利用することができます。

MNPを利用すれば電話番号をそのまま引き継ぐことができるので、他社から乗り換えの際にも簡単に手続きができます。機種もプランも豊富なので、今楽天モバイルを選ぶ人が増えているんです。

 

楽天モバイルのメリットやデメリットについて教えて!

楽天モバイルについてもっと知りたい!という人のために、メリットやデメリット、その他の注意点などについても触れておこうと思います。これらを知っておくことで、失敗なく楽天モバイルに乗り換えることができるでしょう。

まずは、メリットから。ドコモのネットワークを借りているということについて少し触れましたが、そのおかげで楽天モバイルでは高速通信が可能になっているんです。下りの通信速度については最大150Mbpsとなっているので、快適にインターネットができますよ。さらに、しっかり接続できるというのはありがたいんですが、格安スマホ初心者にとっても嬉しい初期設定が完了した状態で自宅に届くようになっているんです。つまりは、SIMカードを挿すだけで使い始めることが出来るんです。

そして、データ容量を使い切ってしまいそう、追加したいというときに便利なのが容量追加パックというサービスです。100MBにつき300円で追加することができます。これは、メンバーズステーションから購入できるようになっています。ただし、ベーシックプランを申し込んだ場合にはこの容量追加パックをご利用いただけないので覚えておきましょう。

また、格安スマホのデメリットともいえる通話料についてですが、楽天モバイルでは独自のアプリ「Viber」を使用することで無料通話が楽しめるようになっているんです。スカイプやLINEと同じですね。このアプリさえあれば通話料については気にしなくて済みます。こんな通話サービスがあるのは楽天モバイルの他にもあまりありません。無料になっているのは大きなメリットといえますね。こんな通話サービスがあるのなら、楽天モバイルを契約したらすぐにでも利用できるようにしておかないといけません。

その他には楽天スーパーポイントが楽天モバイルを利用していることで着実に貯めていくことができること、月に一度無料で容量プランの変更が可能といったメリットもあります。楽天で買い物をするという人にとってはさらにポイントを貯めることができますね。

メリットがたくさんな楽天モバイルですが、デメリットも隠れています。それが、シェアプランがないこと。いくつかのMVNOでは大きなデータ容量を数人で分け合うことのできるシェアプランというものを用意しています。それが楽天モバイルには存在しないので、数人で一緒に同じMVNOを使いたいという時には楽天モバイルはちょっと不便になってしまいます。また、プラン数が少ないという人も中にはいます。よって、一応プラン数の少なさをデメリットの1つとして挙げておきましょう。他社では豊富にプランを用意しているところもあるので、それらと比較すると楽天モバイルはどうしても少なめになってしまっているのが現状です。よって、ちょうどいいプランがないと諦めてしまう人も中にはいます。

メリットとデメリットの次は注意点についても記載しておきましょう。楽天モバイルではSIMカードが自宅に届くようになっているのですが、届く前日にスマホがまったく機能しなくなったという人がいます。ネットワークにつながらない状況で、いわゆるスマホが機能していない状態ということになります。これではメールや通話もできないということになるので、前日に使えなくなってしまうのは困ります。

また、SIMカードを自分ですり替えたり、差し込んだりするわけですが、今までこの抜き差しをしたことのある人も少ないと思います。SIMカードは小さくて薄っぺらく、抜いたり指したりが難しいカードです。なので、抜き差しの際には慎重におこなうようにしましょう。以上の2点を楽天モバイルに変えた際に意識してみてください。

そして、楽天モバイルについては最低利用期間についても確認しておきましょう。最低利用期間は大手キャリアと比べると12ヶ月と半分になっています。これは、スマホを変えたくなったときにもありがたいですね。いわゆる2年契約の縛りが楽天モバイルになるとなくなるということになります。

 

こんな人に楽天モバイルはおすすめ!

楽天モバイルのメリットやデメリットについても把握したところで、実際にどんな人に楽天モバイルがおすすめなのかも知っておきたいですよね。良さそうと飛びついてみても自分にはいまいち合っていなかったのかもという結果になってしまっては残念です。そこで、楽天モバイルはこんな人におすすめしたいと思います。

 

・通話をあまりしない人

・毎月の通信容量が少なくて済む人

・現在、ドコモのスマホを使っている人

・海外に行く機会が多い人

 

こういった人に楽天モバイルはおすすめとなっています。通話料については格安スマホにすると高くつくというイメージがありますが、LINEやスカイプ、Viberで済ませているという人にとっては通話料が発生してこないので、普段あまり通話はしないという人にはおすすめとなっています。さらに、楽天モバイルではそこまでデータ容量の大きなプランは用意していません。そこから、あまりネットなどをしない人には向いています。そして、楽天モバイルはドコモの回線を借りているということを書きましたが、今ドコモのスマホを使っているという人であればSIMカードを楽天モバイルにするだけで格安で利用できてしまうんです。機種はドコモのものを使い続けたいけれど料金を安く抑えたいという時にはぴったりですね。

最後の海外に行く機会が多い人にも楽天モバイルはいいでしょう。現地でプリペイドSIMカードを買っておけばそれを差し込むだけで、日本と同じようにスマホを使えるようになるので便利です。

楽天モバイルはこのようなタイプの人たちにおすすめとなっているんですね。1つでも当てはまるという人は、ぜひ楽天モバイルを候補に入れてみましょう。管理人はこのこの部分に関しては下記サイトを参考に執筆しました。詳しく書かれているのでよければ参考までに。

楽天ならではのサービスと格安な料金が魅力の「楽天モバイル」

http://kakuyasu-sumahogakuen.com/rakuten-mobile/856.html

楽天モバイルと他社を比べてみよう

楽天モバイルについてメリットやデメリットからどんな人におすすめなのかということまで見てきましたが、楽天モバイルだけをピックアップして見ていてもやっぱり他社と比較してみないとわからない点もあるでしょう。いくつかに絞って他社と比較していきたいと思います。

 

・通信速度

まずは、スマホを使う上で欠かせない通信速度について、楽天モバイルは他社と比べてどうなのでしょうか?2015年10月6日以降に楽天モバイルを契約した場合には以前よりまた他の格安スマホよりも通信速度が速くなっています。それまでは平均的だったので、特に差はありませんでした。

さらに、11月、12月と契約の時期がずれてくるとさらに通信速度は速くなると言われています。よって、楽天モバイルは他社と比べると通信速度の面では心配しなくてもいい、むしろ高速データ通信ができるということになりますね。通信サービスの面でここ最近、楽天モバイルは頑張っているということがわかるでしょう。高速通信サービスはありがたいですね。

 

・通話料

続いて、通話料の面から。格安スマホのデメリットである通話料ですが、楽天モバイルにはとっておきのアプリがあります。それが、Viberです。このアプリさえインストールしておけば、通話が無料になるんです。半額になるという格安スマホはありますが、無料になるのはこの楽天モバイルしかありません。

他社では通話料は30秒につき20円とお決まりの料金に設定してあります。一部、ワイモバイルでは1回10分以内の通話であれば月に300回まで無料となっていますが、10分を超えると通常の料金が加算されていくのであっという間です。このことを考えると通話料を気にせずに通話が楽しめるのは楽天モバイルの魅力ともいえますね。

 

・プラン

楽天モバイルにもいくつかのプランがありますが、他社と比べると数が少なくなっています。選択肢がないというまではいきませんが、10種類前後用意している他社と比べると少なくなっています。現在、楽天モバイルには通話SIMとデータSIMでベーシックから10GBプランまでと全部で4種類ずつ、合計で8種類となっています。もっとデータ容量を選べる格安スマホもあるので、そう考えると楽天モバイルではプラン数が少ないと言われてしまうんですね。

 

・キャンペーン

格安スマホでは各社ごとにオリジナルのキャンペーンも実施しています。楽天モバイルでは他社よりもさまざまなキャンペーンをおこなっていると好評になっています。いくつかのキャンペーンを紹介しましょう。SDメモリーカードがもらえるキャンペーンがあります。SDカードといえば容量が大きいほど助かりますが高いもの。それが、楽天モバイルではZenFone 2 Laser (8GBモデル)”+SIMカードを期間中に申し込むことで、16GBものSDカードがもらえるんです。これは、さっそく差し込んで使うことができますね。

また、期間限定年末年始キャンペーンも実施しています。キャンペーンにエントリーした後対象となっている端末を購入することで最大3000円相当のポイントがもらえるというポイントキャンペーンになっているんです。対象となっている端末によってもらえるポイントが違っているので、ホームページでみると確認できます。ちなみに、端末にはAQUOS SH-RM02やarrows RM02といった人気機種も揃っています。ポイント付与対象外商品については選択してもポイントが加算されないので注意してくださいね。また、中には台数限定となっているキャンペーンもあるので、そういったものについては早めにチェックしておかないといけません。

さらに、楽天モバイルでは申し込むことでいつでももらえる特典が用意されています。その1つにSIMカード月額料金が1ヶ月間無料というキャンペーンがあるんです。1ヶ月分タダでスマホを使えるなんてかなりラッキーですね。いつもより安い料金が1ヶ月だけではありますが0円で利用できるのは楽天モバイルならではのキャンペーンとなっています。

 

・余ったデータ容量について

プランを選ぶときに高速通信容量についても慎重に選ぶと思います。たとえば、月に3GBであればこれを超えてしまうと速度が遅くなるというデメリットが生じてきます。でも、月に3GBも使わないときだってあります。3GBモデル以外にもデータ容量はありますが、その時によって使う頻度は違うでしょう。

そんな時に嬉しいのが余ったデータ容量を翌月に繰り越せること。無料でできるので、余ってしまってもったいないなというときにも無駄なく使用することができますね。この繰越サービスはできるMVNOとできないところがあるので、楽天モバイルではできるようになっています。

 

 

・オプションサービス

格安スマホでは格安で提供するために必要最低限の機能しかつけていません。そこで、後からオプションサービスとして自分の必要なサービスのみ追加できるようになっています。これは楽天モバイル以外の格安スマホほとんどで実施されていることです。大事なオプションもあるので、契約するときに必ず確認することになっています。

実際に楽天モバイルではどんなオプションサービスがあるのでしょうか?楽天モバイルでは端末保障が月額500円で、スマホサポートが月額500円で、スマホセキュリティが月額300円でその他に留守番電話や転送電話などのサービスも揃っています。自分にどのオプションが必要かよく考えて必要なものだけを選ぶようにすると最低限のコストで抑えることができますよ。

 

 

楽天モバイルにはどんなプランがある?

楽天モバイルを他社と比較することでさらなる魅力についても知ることができるわけですが、プランについてもどんな内容になっているのか詳しくチェックしておきましょう。まず、基本はデータSIMと通話SIMとに分けられます。これは、どこの格安SIMサービスでも同じようになっています。データSIMを選ぶと通話はできません。また、データSIMの中にはSMSなしかありを選べるようになっています。

そして、それぞれのプラン内の中でさらに月のデータ容量を決めていくことになります。楽天モバイルについてはベーシックプラン、3.1GBパック、5GBパック、10GBパックと4種類あります。ベーシックプランについては通信速度が200Kbpsとなっており、他の3つのプランが下り最大225Mbpsなのに対して遅くなってきます。

一番安いプランであればデータSIMのSMSなしでベーシックプランにすると月額525円となっています。これに端末代金を合わせる程度で毎月使用することができるんです。また、通話はできるようにしたいけれどデータ容量は最低限でいいという場合には通話SIMベーシックプランで十分なので、そうすると月額1250円となっています。格安ですね。楽天モバイルでは最初どのプランにするか選んで契約しますが、その後にプラン変更も可能となっているので、もしも自分に合わないなと思ったらすぐに変更することができます。

 

通信速度や通信制限の話

格安スマホを考えるときに、他のスマホと比較してしまうのが通信速度や通信速度制限についてではないでしょうか?やっぱり格安になっても快適にネットなどは利用したいと思っている人が多いです。そこで、楽天モバイルの通信速度と通信速度制限について調べてみました。

まずは、通信速度速度について。楽天モバイルでは10月以降、速度がどんどん速くなっています。格安スマホの中でも速度が速い方に入ると言われるようになるぐらい速度について大きく改善されました。よって、この秋以降に楽天モバイルを契約すると速度の速さには驚くことでしょう。大手キャリアに劣ることのないスピードとなっているんです。

そして、気になる通信制限についてですが、楽天モバイルでは3日間で通信料が3.1GBプラン:540MB、5GBプラン:1GB、10GBプラン:1.7GBだけの容量を使ってしまうと制限がかかるようになっています。結構データ容量を使うから制限されてしまわないか心配というときは、楽天モバイルSIMアプリというアプリをインストールしておくと便利です。直近3日間というタブをみるとどれぐらい使用しているかということについて確認できるようになっています。

 

 

楽天モバイルに対応している端末はこちら

楽天モバイルのプランについても詳しくわかったところで、どんな端末があるのかもチェックしておきましょう。まずは、その前に楽天モバイルでなくてもSIMフリーと呼ばれている端末であればSIMロックがかかっていないので、どこのSIMカードも利用できることになります。もちろん、楽天モバイルのSIMカードも利用できます。SIMフリー版のスマホはとても便利ですね。SIMロック解除がされているスマホも増えてきているので、楽天モバイルの利用者も増えてきているのが現状です。

では、実際にどんな端末が楽天モバイルに対応しているのかというと、AcerのLiquid Z330、iPhone 6s / iPhone 6s Plus(SIMフリー版、ドコモ版)、iPhoneは6や5、5S、5Cなどについても同じ、ASUSのZenFone 5、ZenFone Selfie、富士通のアローズシリーズ、HuaweiのAscendシリーズやhonor6 Plus、P8 lite、LG ElectronicsのOptimusシリーズやネクサス、NECのメディアスシリーズ・・・などと動作確認がしっかり済んでいるSIMフリー端末はたくさんあります。有名どころのスマホはたいてい楽天モバイルに対応しているということになるでしょう。

SIMフリーというSIMサービスができたことにより、楽天モバイルをはじめとする格安スマホが勢いを増してきていることがわかりますね。

 

 

楽天モバイルを利用するまでの流れについて

楽天モバイルについてわかってきたところで、最後にいざ利用するまでの流れを説明しておきましょう。まずは、ホームページ上でSIMカードのみの契約なのか、SIMカード+端末の契約なのかを選びます。次に、データSIMか音声通話SIMかを選択します。音声SIMであれば通話もできて普通のスマホとして使えるので、そちらを選ぶ人の方が多くなっています。

その次にはMNPを利用するかどうかの選択があります。多くの人が利用すると答えることでしょう。そうすると必要なもの一覧が表示されます。MNP予約番号や本人確認書類、クレジットカードといったものが必要になってきます。この手続きをパソコンかスマホからおこないます。

きちんと本人確認が完了した後、端末やSIMカードが自宅に届きます。あとは簡単な初期設定(APN設定)をすれば通常どおり使えるようになります。APN設定については初めての人はどうしようと思ってしまいますが、楽天モバイルのホームページでは動画でわかりやすく説明してあるので安心して設定を完了させることができます。

 

楽天モバイルについてどうでしたか?お得で魅力的なスマホというだけでなく、細かい点で充実しているサービスも揃っているんですね。